Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーン

WiMAXにかかる初期費用としては、主に機種代金、契約事務手数料、その他にかかる費用があります。

機種代金

機種代金はほとんどのプロバイダで無料となります。

その他の費用

その他の費用に関しては、Broad WiMAXのみ18,857円となっていますが、キャンペーンを利用することによって0円にすることが可能です。

 

Broad WiMAXで初期費用をゼロ円にするには

Broad WiMAXを検討されている方は、ホームページ等でキャンペーン情報を確認してから申し込みを進めましょう。
なおクレジットカード払いにしたうえで所定のオプションをつけて申し込みさえすれば、無料になります。

 

契約事務手数料

契約事務手数料に関しては、各主要なWiMAXプロバイダのUQ、GMOとくとくBB、So-net、BIGLOBE、Broad WiMAX、ペパボ、niftyのいずれにおいても3,000円となっています。
基本的にはこれらの契約事務手数料の割引やキャンペーンについては今のところ情報はありません。

 

契約事務手数料は、WiMAXを契約した時にプロバイダ側で登録にかかる作業費用と言われています。
契約時に最初だけかかる作業として、3,000円という金額が発生します。
これにかかる金額は全てのプロバイダにおいて同一と考えて問題ないです。

まとめ:契約時にかかる費用

実質的に初期費用としてかかる金額は3,000円と考えておけば問題ないでしょう。
ここに月額使用料、GMOとくとくBBであれば3,609円の金額が必要となります。
そのため、初月の費用としては概ね7,000円未満には収まってくると思います。
翌月以降は月額使用料のみがランニングコストになっていきます。

 

また、キャンペーンによっては、初月無料、もしくは2〜3ヶ月の間無料となるものもある場合があります。
初月の費用を抑えるためにはそういった情報も抑えておく必要があります。
各社主要プロバイダや代理店はキャッシュバックキャンペーンも積極的に行っています。
キャッシュバック金額は各社様々ですので、総合的にみて、コストメリットの高いプロバイダを選択することをお勧めします。