Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーン

自宅でインターネットを利用する方法には光回線のような固定回線を使う方法に加えて、最近ではWiMAXを使う方法も選択肢になってきました。WiMAXにするメリットとしては固定回線よりも基本料金が安いことと、機器を簡単に持ち運ぶことができる事などが挙げられます。
しかし、どんな場合でもWiMAXの方が良いということは限りません。

 

WiMAXのデメリット

固定回線よりも通信速度が遅い

具体的には動画サイトを見る際、通常のHD画質では見ることができても、最新の4K動画を見ることは厳しい状態の速度です。
また、使い放題のプランであってもLTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードを当月に7GBを超えて利用したときには、スマートフォンと同じように速度制限が掛けられて不便な状態になってしまいます。

 

通信が途切れやすい

さらにWiMAXの電波は直進以外の方向には弱いという特性があることから、1階に機器を置いている場合、2階のパソコンで通信が途切れてしまうことがあります。
その場合は無線LANの中継器を別途購入する必要があるなど、追加費用が必要なこともあります。

自宅のネットをWiMAXに変えてもいい条件とは

自宅のインターネット回線を固定回線からWiMAXに切り替えても大丈夫な環境はオンラインゲームや動画配信などの高速なスピードが求められるものを使わず、家族も少なく、何台ものパソコンでインターネットを使うことがない場合などが挙げられます。
なお、家族がいる場合、ひとりが端末を外出先に持ち出した場合は他の家族が家で使えないことには留意しましょう。
つまり、1人暮らしのサラリーマンで転勤が何回もあり、且つ営業先などでパソコンを多く使う営業マンの場合は最適なものであると言えるのではないでしょうか。

まとめ

WiMAXにすると、自宅で回線を引く必要がないので、届いたその日からインターネットの環境設定をするだけで、直ぐにインターネットを楽しむことができるという利便性があります。
先述した環境でない場合や上限を守った使い方ができる限り、利便性重視ならWiMAXの方が良いでしょう。